無添加のドッグフードが大切なワンちゃんを守ります

なぜドッグフードはイギリスなのか

最近はドッグフードをイギリスで作っているところが多くあり、それを輸入するような形で販売していることも増えてきました。

 

どうしてイギリスがそこまで優れているのかという話ですが、イギリスではドッグフードを作るノウハウがかなりそろっており、日本以上に安定性の高いものを作ることができます。

 

さらに栄養分についての研究も進められており、犬に与えることの影響についても考えてくれるのです。

 

こうした状況を踏まえて、日本のメーカーもイギリスでの製造に踏み切っています。

 

これを日本へ輸入して販売する業者が多くなっており、最近はイギリス産に信頼のという文字が入っていることもあります。

 

それくらい犬にとって、ドッグフードはイギリスのものが使いやすいことになっています。

 

人ならそこまで考える必要はないのかもしれませんが、犬は与えられたものがいいと思えば、そればかりを欲しがってしまう動物なのです。

 

犬の気持ちを十分に理解していること、豊富な栄養資源を持っていることなどが、イギリスにとって大きなメリットといえることです。

 

これがドッグフードの製造にも繋がっており、イギリスの商品については、かなりいい効果を持っているものが沢山あります。

大切な家族に安全安心のドッグフードを

 

毎日の食事に気を使わなくてはならないのは、人間だけではなく家族であるペットも同様です。

 

大切なワンちゃんのために安心して与えられる食事を提供することは、買主の最低限の責任でもあります。

 

あまりにも粗悪なドッグフードを与えてしまうと体調にも悪影響が出てしまい寿命を縮めてしまいかねません。

 

ドッグフードはあまりにもたくさんの種類が売られすぎていて、どれを与えていいのか頭を悩ませるものです。

 

毎日食べさせるものですから安いものに頼ってしまいがちですが、あまりにも安すぎるものは添加物が多かったり塩分過多であることも少なくありません。

 

結局健康を害して病院の治療費がかかってしまうことにも繋がりかねませんので、ある程度お金がかかってしまっても良質のドッグフードを選ぶことが一番です。

 

ドッグフードは値段やパッケージには惑わされずに、まず原材料に着目をしましょう。

 

そしてウェットフードよりもドライフードがおすすめです。

 

水分が多く含まれているウェットフードは腐りやすく品質が落ちてしまいがちです。

 

またそれを防止するために防腐剤が大量に添加されていることが多いので、与えすぎには注意しなくてはなりません。

 

そして、サイトなどを見て徹底した品質管理を行っている工場で作られていることがわかるドッグフードを選んでください。

 

人間が食べても問題のない品質の、安心安全のものを食べさせてあげましょう。

年齢別のドッグフードはなぜあるの?

 

ホームセンターやペットショップに行くと、子犬用や成犬用、高齢犬用など年齢に合わせたドッグフードが販売されています。

 

なぜ、そういう製品が販売されているのでしょうか。

 

まず子犬用ですが、このドッグフードは栄養豊富でカロリーが高めになっているのが特徴です。

 

人間が成長期にごはんをたくさん食べるように、犬も成長期には多くのカロリーが必要となってきます。

 

成長期である子犬のときの餌を成犬になっても食べていると、あっという間にカロリーオーバーになり、肥満の原因になってしまいます。

 

一方、人間が高齢になると足腰が不自由になるように、犬も高齢になると運動機能が低下してしまいます。

 

運動機能が低下するとあまり動かなくなりますので、カロリーの消費量も少なくなります。

 

今までと同じようにドッグフードを与えていると、カロリーの消費量が減っているわけですから食べ過ぎとなり、これも肥満の原因になってしまうのです。

 

高齢犬にも年齢に合わせたドッグフードを与えた方がいいのです。

 

ちなみに最近は基本的に室内飼いの個体も増えていますが、こちらも一般的なドッグフードを与えているとカロリーオーバーになりますので、室内飼い用のドッグフードオススメです。

 

ドッグフードは年齢や環境に合わせ、最適なものを選ぶのがいいのです。